【コラム】ファンハールが報われる日

小野伸二の日本復帰を機に、エールディビジから撤退した日本の放送局。
あれからはや2シーズン?3シーズン?


あるシーズンは主力が数多く抜けるもPSVやアヤックスと優勝争いを繰り広げ(ていたらしい)、あるシーズンは更に主力が抜けて不振にあえぎ監督解任かという時期を迎え(ていたらしい。そして選手の抗議によりクラブが結論を翻したとか)、そして、今現在、08-09シーズンを迎えている。


あの栄光のアドリアーンセ時代を引き継いだ、ファンハールが、だ。


何をもって「栄光」と言っているのか。
私の中では、それは結果ではなく、勝利に至るプロセス。
どれだけ私が魅了されたかでもって栄光の度合いを計っている。

2005年10月頃の日記を引用してみよう。
まだこの頃はblogに移行しておらず、自分でセコセコとHTMLを書いていた。
2005.09.18 AZ×アヤックス
 AZ!
 AZ!!
 これでもスカパーはヘラクレス戦を放送するか!
 三強とあたらない限りAZ戦が観れないのはおかしいだろ!
 前半は消しあう感じのつまらない2-2でしたが、後半はもうAZが支配。
 特にファンハーレンとランツァートを中心としたパスワーク!
 見事としか言いようがないです。
 アルベラーゼが話題に挙がるようですが、今日の試合でいえばペレスが主役ということで。
 逆に今季のアヤックスは相当心配。
 セクティウィはまた髪を伸ばしてくれないとランツァートと見分けがつかないので困る。
ファンハールという人物を知らない方も多いかもしれない。
いや、そもそも、どこのサッカーチームの話をしているのだと思われるかもしれない。

一時はアヤックスやバルセロナで指揮を執ったこともある「監督」である。
何をもって「一流」とするかは曖昧なところがあるので、あえてそれをつけないでおく。


そして今は、彼が選手として過ごしたことのある、AZアルクマールというオランダのプロサッカーチームで指揮を揮っている。


冒頭の理由から、このチームの、ひいてはオランダリーグ自体の情報を得るにも日本国内からでは至極不便で、一生懸命ググった末にたどり着いたサイトが、
「AZアルクマール戦が観たい貴方へ」
と銘打った自分のコラム
だったりする・・orz


そのAZがついに今シーズン、オランダ1部リーグで優勝しようとしている。
私の見ていない中で。
私が一度も見ていないチームで。
私が一度も見ていない戦術で。
私がまだ訪れていない新しいスタジアムで。

ついに。
ついにだ。

いわゆる主力メンバーも様変わり。
私の知っている「主力」は、もはやデンベレ、デゼーウ、スハールス、ヤリエンスのみ。


当時の「栄光のAZ」から輩出された選手達を追ってみると・・

ティメル(現役オランダ代表)
マタイセン(現役オランダ代表)
デゼーウ(現役オランダ代表)
スハールス(現役オランダ代表)
ランツァート(元オランダ代表)
デクレル(元オランダ代表)
オプダム(元オランダ代表)
ペレス(元デンマーク代表)
ファンハーレン(元オランダ代表)
アルベラーゼ(元グルジア代表)


綺羅星のごとく見えるかと思いましたが、普通に地味ですね・・

何でだろ・・


そして、ついにヘーレンフェーンを差し置いて、AZから得点王も誕生するであろう予感。
その選手の名は、エルハムダウイ。
モロッコ人。
(とはいえ、ヘーレンフェーンのプラニッチは今のところ得点ランキング2位・・何たるDNA・・)


当時、パスサッカーで鳴らしたAZも、優勝しようかという今季は、カウンターサッカーを多用するチームに変身した、とはスポナビ中田氏の弁

新スタジアムのネーミングライツを買ったDSB銀行も、今頃はさぞかしホクホクだろう。


そんな名実ともに「栄光のAZ」を見るには。
もう、本田圭祐がPSVだかアヤックスに引き抜かれてくれるのを祈るのみ・・

そうするとまた日本の放送局が放映権を獲得してくれるかもしれない。
まあ、いずれにせよCLでAZが見れますからね。


というわけで、2009年5月。
順調に行けば、このAZアルクマールというチームを率いて、ファンハールはオランダリーグを制覇しようとしているのだ。

監督として。




・・・何をもって「一流」とするかは曖昧なところがあるので、あえてそれをつけないでおく。

コメント
コメントする








   

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode