【プレミア第3週】アストンビラ×リバプール

2008/09/01付けでフィナンをエスパニョルへ放出。
代わってエスパニョルからリエラを獲得。
左(右?)ウィンガーとしての獲得だと思われますが、ポジションでフィナンと入れ替わるわけではないので、果たしてリエラがキューウェルとの入れ替わりなのか、それともペナントなのか・・

ちなみにフィナンの後釜はデゲンなのですかね。
(アルベロアではないと思うんですが・・)

嗚呼、同じく09/01付けでボロニンもローンで放出(ヘルタベルリン)ですね・・
こちらは明らかにキーン獲得の余波でしょう。

Liverpool:
FW:キーン トーレス
MF:ルーカス マス シャビアロンゾ カイト
DF:ドッセーナ シュクルテル キャラガー アルベロア
GK:レイナ

とはいえ、ここ2戦はアルベロアが右SDF。

鼠径部の手術によりジェラードが2〜3週間の離脱。
一方、北京から帰ってきたマスとルーカスが合流してスタメン。

とりあえずCL本選出場が決まったということで、ジェラードは手術に踏み切ったということなのでしょう。



今日この試合を観てる限りでは、とてもじゃないけどBIG4とは言えない内容。
ジェラードがいなくたってそれなりの試合をして欲しい。
それができる中盤のメンツであって欲しい。

ルーカスとマス男はそれができないんですよね。それは去年分かってる。
マスは別の役目があるんで致し方ないとして、ベナユンとペナントを外してるのはどんな理由があるんでしょうか・・
それほど(ラファから見て)ルーカスって良い選手なんでしょうか・・
つうかカイトをいつまでもウインガーで使わないで欲しい・・
(でも多分すごいDFとかしちゃうからウインガーとして重宝されてそうでイヤだ)

アルベロアとドッセーナにボールが入ったら十中八九、レイナにボールが戻ってしまう有様。

誰もボール貰いに動いてないのかというとそうでもなくて、キーンがやたら中盤に戻ってきてはかき回してました。
でもかき回してたのはビラのディフェンスじゃなくて自チームの中盤ではなかったか・・orz


更に前半のうちにトーレスが左腿の肉離れ(全治2〜3週間とのこと)により離脱したことで、よりいっそう「個の力による奇蹟」の確率が下がったレッズ。


案の定、ちーとも面白い場面が見れないまま、0-0にて終了。

ビラのペトロフもあんま良い見せ場なかったですね。
マロニーがセルティックに戻ったように、スティリアン、キミもセルティックで俊輔と一緒にまたやらないかい?


Liverpool:
FW:キーン(79ベナユン) トーレス(30エヌゴグ)
MF:ルーカス マス シャビアロンゾ カイト(70アウレリオ)
DF:ドッセーナ シュクルテル キャラガー アルベロア
GK:レイナ

コメント
コメントする








   

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode