【CL8-2nd】リバプール×アーセナル

1週間で三連戦(CL1st、リーグ、CL2nd)の第三弾でございます。
1stレグは1-1によるドロー。


そしてこの第三戦が、よもやこんな展開になるとは・・

Liverpool:
FW:トーレス クラウチ
MF:ジェラード シャビアロンゾ マス カイト
DF:アウレリオ ヒューピア シュクルテル キャラガー
GK:レイナ

クラウチがスタメン・・
しかしラファは・・この期に及んで新しいフォーメーションですか・・
ジェラードは左は左でも3トップの左って感じ(4-3-3っぽい感じ)です。
中にも入ってくるし、いわゆる左のウインガーでは、当然ないです。

そのフォーメーションのせいか、堅い立ち上がりでパス回しが上手くいかず、タジタジのリバプールはそのまま先制点を許します。

Arsenal:
FW:アデバヨル
MF:ディアビ フラミニ セスク エブエ
DF:クリシー センデロス ギャラス コロ
GK:アルムニア

ロビンの腿の負傷もあって、スタメンはディアビー。

タジタジにさせて決めたのが13分。
怒涛の攻め上がりから、抜け出したのはディアビー。
この時の攻撃は間違いなく得点を予感させる「いつものアーセナル」でした。
0-1。

ただ、今のアーセナルが90分これを続けられるとも思えない。

その後、苛立ちや焦りも垣間見えたリバプールですが、開始時のタジタジぶりは消えていき、そして30分。
CKから、センデロスを外したヒューピア。
かなり遠い距離からゴール右上隅へ。
1-1。

連戦で疲れたツケでしょうか、60分前後は小康状態というか、膠着状態に陥る量チーム。
監督がそろそろ動かないとこのまま最後までいってしまうのではないか、と思われた69分。
そろそろ交代劇が始まると思われる前に試合が動いてしまいます。

レイナからのフィードをクラウチが落とし、トーレス。
振り返りざまのシュートを叩き込み、2-1。



思えばこの辺からドラマが始まったな・・



自陣からシャビアロンゾを抜き、アウレリオを抜き、マスを抜き、ヒューピアを抜いたウォルコット。
マイナスのグラウンダーをきっちり流し込むアデバヨル。2-2。
この時点ではアーセナルがアウェイゴールにより半歩リード。
これが84分。

その直後。まさに1分後。
バベルを倒してコロがイエロー。
しかもPK。
ジェラードが左隅ぎりぎりに決めて3-2。

何たる展開・・

そしてロスタイム

カイトの半ばクリアに対し、併走して追いかけるバベルとセスク。
疲れきったセスクに追いつき追い越す途中出場のバベル。
ユニを引っ張る力も弱々しいセスクを物ともせず、トラップからシュートを決めてしまうバベル。

4-2。
4-2です。
よもや4-2とは・・


前半でのフラミニの負傷交代といい、セスクの疲れきった表情といい、あまりにもツケの大きかった三連戦。
叶うならば、お互いトップフォームで戦わせてあげたかったです。


試合結果に関係ないところでは、MVPをウォルコットに。
間違いなくあのドリブルはマラドーナ越えです。
是非VTRをご覧ください。

試合の趨勢を決めたという点では、MVPをライアン・バベルに。
勝ち越しPKを誘ったドリブルと、最後に突き放すゴールで。

Liverpool:
FW:トーレス(87リーセ) クラウチ(77バベル)
MF:ジェラード シャビアロンゾ マス カイト
DF:アウレリオ ヒューピア シュクルテル キャラガー
GK:レイナ

Arsenal:
FW:アデバヨル
MF:ディアビ(72ロビン) フラミニ(41ジウベウト) セスク エブエ(72ウォルコット)
DF:クリシー センデロス ギャラス コロ
GK:アルムニア

コメント
毎回参考に見させてもらっています。
  • スー
  • 2008/05/07 10:25 PM
スーさん
コメントどうもありがとうございます。
自己満足のためのblogとはいえ、こういったコメントを頂けるだけでこれだけ嬉しい心持ちになれるのが不思議です。
最近は書くために観てる気になってしまい筆が遠ざかっておりますが、そのうちまた再開すると思います。
  • fkm
  • 2008/05/08 8:40 PM
コメントする








   

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode