【プレミア第27週】リバプール×レディング

Liverpool:
FW:トーレス ジェラード
MF:バベル(82リーセ) シャビアロンゾ マス カイト(81ベナユン)
DF:アウレリオ シュクルテル キャラガー アルベロア
GK:レイナ

シャビアロンゾは出産の立会いでインテル戦不参加だったのだそうです。
それってヨーロッパじゃ普通に許されるんですねえ。

ラファがこのシステムを採用してから、カイトが単なる「サイドチェンジ先」に成り下がってしまっております。

だってさー

なんか左の方でジェラードとトーレスが楽しそうにやってるんだもん
で、右の方が空いてきたらスパーンとサイドチェンジのパスが飛んでくる訳ですね。
誰が絡むわけでもなく。
絡むとしてもアルベロア(フィナン)と絡んでセンタリング。

ちがーう!

カイトはセンターフォワードなの!
そりゃトーレスはすごいよ。
この試合のヘディング(48分の2点目)を含めたらもう20点だよ。
かたやカイトは・・・点ですよ、まだ。

だからって右ウイングってどうなんすか
器用だからできちゃいますけど、まるで以前のフラミニの右SDF見てるみたいで可哀想ですよ・・
カイトを真ん中にして右にトーレス、左にバベルの3トップ、一回やってみませんか?

はいグチ終わり

CKからのMatejovskyのミラクルボレー(開始5分)で幕を開けた当試合ですが、上記のとおり、トーレスのヘディングで逆転し、無事連勝を続けております。2-1。
気づいたらエヴァートンしかついてきてません。
ていうか早く3位争いできないかなあ・・

あ、リバプールの1点目はマスのミドルシュートによるリーグ初ゴールです。


MVPは、バベルでよろしいのではないかと。
かなりトップフォームに来てるんじゃないでしょうか。
あとはトラップもうちょっと練習しときなさい。


コメント
コメントする








   

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode