【CL8-1st】アーセナル×バルセロナ

あきらめたらそこで試合終了ですよ


安西先生のこのセリフを知っている日本人は結構いると思う。
そしてこのセリフを知っている日本のサッカー選手も結構いると思う。

アーセナルは、スラムダンクを(たぶん)読んだことのない選手たちの集まりだが、この言葉を見事に実践して、0-2から20分強で、2-2に持ち込んだ。


もう、素晴らしいとしか良いようがない。


マンガを読んでそのセリフに感動するだけなら簡単だけど、そのセリフを実践するとなるとまた話は別もので。
正直、ガナーズが0-2とされた時点で、見ているだけの僕がテレビの前で諦めてしまってました。

ほんと、申し訳ない。
申し訳ない、というか、諦めてしまった自分が情けないのかな。

Arsenal:
FW:ベントナー
MF:ナスリ セスク ディアビ ソング アルシャヒン
DF:クリシー フェルメーレン ギャラス サニャ
GK:アルムニア

FCB:
FW:イブラ
MF:ペドロ チャビ メッシ
MF:ケイタ ブスケツ
DF:マクスウェル プジョル ピケ ダニ
GK:バルテズ

バルサの先制点は、実は、後半に入ってから。
オフサイドを取り損ねてイブラに先制点を許す(46分)。

その伏線が・・

前半のうちに、負傷で3枚のうち2枚のカードを使ってしまうガナーズ。
アルシャヒン→エブエ(27分)
ギャラス→デニウソン(45分)

そしてこの交代により、後半開始からソングがディフェンスラインに入ることに。
この結果、オフサイドを取り損ねて46分バルサの先制点に繋がる。
そして59分、さらにオフサイドを取り損ねて0-2。

リーグ戦では無難にこなしてることが多かったですけどね。
相手がバルサだとそうもいかなかったというところでしょうか。
ソングを責めることはできないなあ


バルサの怒涛の攻めで、前半の20分で点が入らなかったのが不思議なくらい。
それほどに、ガナーズはバルサの攻めに対応できていなかった。特にダニアウベスのところ。
何故か。
クリシーが中に絞ってたからです。
そうせざるを得ないバルサの攻めだったんだろうなあ・・(メッシ対策かな?)

あとは両チームのFWの差かなあ・・
ボールの収まるFWと収まらないFW。
別途書きますが、ベントナーなら、日本代表は何とかなりますよ。きっと。


そしてウォルコットの投入とともに息を吹き返したアーセナル。
趨勢を決したのは、目に見える部分ではウォルコットの得点なんですが、目に見えない部分では、その得点が入る前に、あのメンバーたちの心が折れる/折れないの間で、天秤がフラフラしてたはずなんです。


ウォルコットの得点まで、折れずに耐えることができた理由って一体何なのでしょう。
推測は、まあ、簡単です。
プレミアで優勝争いできていることの自信、だとか。
試合後の円陣に見られるような、共闘から生まれた選手間の信頼、だとか。
年齢を感じさせないセスクのキャプテンシー、だとか。


本当のところが知りたい。
こっそりドレッシングルームを覗きたいです。


その1点が入ってからのガナーズの勢いたるや。
正直、マッチアップしてたマクスウェルに同情しちゃうくらいのウォルコットのスピード。

2点目のあれは、果たしてPKなんでしょうか。
客観的に見て。
少なくともレッドカードではないと思う。


この緊迫したPKを決めて、右ひざを悪化させたセスク。
されども交代枠を使い切っているアーセナル。


あの、足を引きずりながら戦うセスクを見て感動しなかった奴はいるだろうか。
(交代枠使い切ってただけじゃねーかって言うのは無し!)



2ndレグはピケ、プジョル、セスクが出場停止。



MVPは・・

ナスリかな。


コメント
コメントする








   

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode