【セリエA第16節】インテル×メッシーナ

ふとテレビをつけたらちょうどキックオフでした。
連勝を続けるインテルのサッカーがどんなものか見てみるか、というくらいの軽い気持ちでした。

しかし、あろうことかサンシーロで、どこかの格下相手に互角の戦いを演じているではないですか。
この時まで白い相手チームがどこであるのか、気にも留めていませんでした。

背中に「ZORO」と書かれた選手がいるのを見た瞬間、メッシーナだと気づきました。
そして見知った走り方をする選手が出場していることにも。
坊主で、無精髭で、腕を脇に抱えたように走る、彼。


小笠原満男でした。


アウェイの、インテル戦に、スタメンで出場していました。
密かに感動しました。

Inter:
FW:ズラタン レコバ(アドリアーノ)
MF:サネッティ カンビアッソ ビエラ(スタンコビッチ) フィーゴ
DF:マクスウェル マテラッツィ サムエル マイコン
GK:ジュリオセーザル

このメンバーに対して、中盤でマッチアップしているわけです。
駆け上がるマイコンをぶつかって止め、大きなサイドチェンジをぴたりと決め、ビエラに当たられながら倒れることなくドリブルをする小笠原。

ただ、まだまだ仲間からボールが貰えない。
インテルのマークが全くついていないのにも関わらず。

たまたまスタメンだったんでしょうか。
きちんと追っかけてないので全く分かりませんが、あの感じだと定着しているわけではなさそうでした。
とするとインテル戦でスタメンだった理由とは?

メッシーナの選手データを探しました。
そういやピッチにコッポラがいなかったと気付きました。(コッポラが不在だった理由は不明)
更に、中盤選手の交代第一号が満男だったということ。
客観的に見ても、彼の出来は悪くなかったにも関わらず。

つまり、メッシーナが構成する3枚のセンターのうち、満男は4〜5番手、ということのように思えます。


・・・と、気付いたら満男ばっかり追いかけてました。

ドルトムントの地であれだけ打ちのめされても、やっぱり僕は生粋の日本人なのだと、痛感させられました。


もし次、メッシーナがパレルモと当たることがあったら、また見ることにします。

【セリエ第11節】パレルモ×トリノ

まさかセリエでこんなに面白いサッカーが見られると思ってませんでした。
(途中でチャンネル変える気満々でした)

1位 インテル 24pt
1位 パレルモ 24pt
3位 ローマ 23pt
4位 シエナ 16pt
4位 アタランタ 16pt
4位 リボルノ 16pt

・・何ですか?
しばらく見ないうちにこの勢力図は。
ミランは8pt(処罰分)を足しても15ptで7位です。

Palermo:
FW:ディミケーレ(80分ブリエンツァ) アマウリ
MF:ブレシアーノ コリーニ(63分テデスコ) シンプリシオ グアーナ カッサーニ
DF:ザッカルド バルザーリ ビアーバ(74分デルフィオーレ)
GK:フォンターナ

アマウリとコリーニは恐らくデルネリがキエーボから出る時に一緒に呼んだんだと推測してます。
サブにテデスコ、ディアナなど。
良い選手揃ってますね・・

一方のトリノにはパンカロおじさんやバローネ、7番フィオーレがいます。
10番はフィオーレじゃなくて、ロジーナ。
ステッローネがいて、ムッツィがいて、大黒は3番手か。ベンチ外。


この一試合を見た限り、パレルモの好調を支えているのはシンプリシオとコリーニ、グアーナで作る高技術な中盤。
セリエでこの繋ぎを見るなんてなかなかないです。

そしてブレシアーノ、ディミケーレによる、超攻撃的左サイド。
ディミケーレも代表に選ばれたりした経験からでしょうか、レッジーナにいた頃に比べたら格段に上手くなってます。
あの頃はプレーが軽かったからなあ・・

そして守備にポストに運動量豊富なアマウリ。

序盤、何度かロジーナの個人技やカウンターによりトリノの攻撃を許しますが、30分過ぎくらいから完全なパレルモペース。

43分
なんて重厚な攻撃!!
前線で何度もボールを奪い返した末、ディミケーレからのマイナスをシンプリシオのミス気味シュートを押し込んだコリーニ。
「なぜか右にディミケーレがいる」「ゴール前にコリーニがいる」
というところに好調さを感じます。


UEFAカップも戦っているにも関わらず、この運動量は一体どういうことでしょう?
チームが上手く機能してるときって、動いてても、お互いが補完し合っていてあまり疲れないっていう、あれですかね?
僕の素人レベルでの経験ですが、多分プロでも同じようなことは起こり得るんじゃないかと思います。


69分
カウンターのお手本。
シンプリシオからのスルーパスをディミケーレがドリブルしてシュート。
GKとの1対1はこうするんだよ!
という自信に満ちたドリブル。キックフェイントを入れてチップキックシュート。
今日のダビドはキレキレです・・

79分
ディミケーレからアマウリへのスルーパス。3-0。
トリノのDF陣から悲鳴が聞こえてくるようです。
このパスを出した後、ディミケーレのハムが悲鳴をあげてしまいました・・
せっかくこの素晴らしいチームで主力になっている時期に・・
大事ないことを祈ります。


まあ、3-0は試合内容を反映した順当な点差。

MVPは・・
GKフォンターナか、コリーニか・・
コリーニにしときます。
キエーボ時代から言ってますが、さっさとイタリア代表に呼ぶべき。
ガットゥーゾと合わせたら絶対合います。


少なくともこの試合のようなサッカーができている限り、セリエA上位、下手したらCL圏内は行けるんじゃないでしょうか?


冬の市場で選手が引き抜かれない限り・・

【セリエ34節】ミラン×インテル

大体においてこのカードは日曜の深夜に生放送ということが多いんですが、来週のmidweekにCLがある理由で夜更かし可能な金曜深夜にスライドされました。
日本で見てる人間にしてみればラッキーです。

インテル側はサポーターが抗議の意味を込めてスタジアムに来ていないとのこと。
よく分からない。
こんな興味深い試合が見たいという欲求が負けるなんて。
それってファンの行動として正しい発露なんでしょうか。
純粋にサッカーを楽しむという気持ちがなくなってると思います。

ミラン
FW:シェバ(81分ルイコスタ) ジラ
MF:セードルフ ピルロ カカ ガットゥーゾ
DF:マルディーニ ネスタ カラーゼ カフー
GK:ジーダ

スタムが怪我でカラーゼがCDF。んでマルディーニが左SDF
ヤンクロフスキはどうなっとんだ。そんなにダメか。

インテル
FW:スタンコビッチ アドリアーノ フィーゴ
MF:カンビアッソ ピサーロ ザネッティ(75分マルティンス)
DF:ブルディッソ コルドバ ミハイロビッチ(10分マテラッツィ) サネッティ
GK:ジュリオセーザル

こう書くと4-3-3っぽいですが、インテルは左右対称ではないと思います。

そういやセリエ自体を久々に見ました。
相変わらずセードルフが素晴らしい。全てがハイレベルだ。
ファンバステンもこの試合を見てるんだろうか..
見てたら絶対セードルフが代表に復活するのに。

ミランで一番の憧れといえばやっぱりカカだけど、自分がなりたいプレーヤーは、間違いなくセードルフ。

マルディーニがフィーゴにやられるシーンが前半に2回。後半に1回。
あとはセードルフとカカ、シェバで繋いで上がるシーンが前半2回。

それ以外は、いつもどおりのミラノダービー。
ちょっと違ったのが、カラーゼがシュートを決めたことくらい。

インテルの、チームとしての個人技至上主義はやっぱり好きになれない。
といって個々人のテクニックは嫌いじゃない。
4人に囲まれながらパスを出さずに突っ込んでいくアドリアーノ。
それはそれで見ものです。
クラウチなんて、絶対セリエでは通用しないでしょう。
そういう凄さは、あります。

ゼーマンのレッチェ、デルネリのキエーボが幕を閉じた今。
チームとして面白いと思えるクラブが、今やセリエではミランしかなくなってしまいました。
セリエの観戦数が減ってしまったのもしょうがないです。

そのチームにいるカカは今日、明らかに手を抜いてました。
手を抜いていた理由、すなわち来週のバルサ×ミラン戦が楽しみです。





1

200miles away

categories

selected entries

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode